Wordpressでブログをはじめる→Check!!

抱っこ紐を買うならエルゴとビョルンどっちがおすすめ?3種類の抱っこ紐を本音比較【着用写真あり】

抱っこ紐を買うならエルゴとビョルンどっちがおすすめ?3種類の抱っこ紐を本音比較【着用写真あり】
  • URLをコピーしました!

こんにちは、ペンギンです!

抱っこ紐選びって難しいですよねー。

安い物でもないですし、買ってから後悔もしたくない!

そこで人気の抱っこ紐3種類を入手したので本音の比較レビューをしていきます

これから抱っこ紐の購入を検討されている方はぜひ参考にして下さい♪

今回の比較3製品

  1. エルゴベビーOMNI(オムニ)
  2. ベビービョルンOneKai(ワンカイ)
  3. ベビービョルンベビーキャリアMINI
目次

1.エルゴベビー|OMNI

エルゴベビー
エルゴベビー

エルゴベビーのOMNIは抱っこ紐の中でも高級ライン

その分機能性は十分です!

新生児から体重20Kgまで使えるので長く使用できます

OMINIの主な特徴

  • 成長に合わせて調整できる
  • 肩パットが肉厚で体への負担が軽減
  • ロック機構が単純で分かりやすい

成長に合わせて調整できる

調整も簡単

OMNIは足の部分が成長に合わせて調整可能です

マジックテープ式なので調整はとても簡単!

肩部分などの調整も十分ですね!

オーガニックベビー服

肩パットが肉厚

エルゴベビー

この肩サポートがエルゴベビーの最大の特徴!

子供が成長していくにつれて体重も増えていきます

生後4ヶ月でも肩への負担は結構感じるので、これはとても嬉しいですね!

ロック機構が単純で分かりやすい

エルゴベビー

ロック部分はこのパッチン式なので、直感的に操作できます

パチンと音がするので

「ちゃんとロックがかかっていなかった」

ということもほぼないです

使用してみての感想

着用した様子

エルゴベビー
エルゴベビー
メリットデメリット
1人でも乗せられる
体への負担が軽減される
操作性に優れている
子供との密着感がいい
肩パットが厚いのでアウターを着たときに目立つ
車で抱っこ紐に乗せるときがちょっと大変
持ち運び時にガサばる
重量が重い

最大のメリットの肉厚な肩パットですが、一方でデメリットになる可能性も。

抱っこ紐を着用してアウターを着るとどうしてもパット部分が目立ってしまいます

子供との密着性は抜群で子供も居心地がいいのか暴れることもありません♪

着用感がとても良く大満足ですが、持ち歩きの時に邪魔になってしまうこともあるので、どっちを優先するかで選択が分かれそうです

2.ベビービョルン|OneKai

ベビービョルン
ベビービョルン|ワンカイ

ベビービョルンの高級ラインOneKai

新生児から3歳頃までの長期間使用できます

価格はエルゴと比べると安く、手が出しやすい値段帯です

OneKaiの主な特徴

  • 4通りの抱っこに対応
  • サポート部分は適度な厚さ
  • 見た目がスタイリッシュ
  • 独自のロック機構でしっかり固定

4通りの抱っこに対応

対面抱っこ(ハイ、ロー)、前向き抱っこ、おんぶに対応しています

実際は対面抱っこがほとんどだと思いますが、状況に合わせて変更できるのは嬉しいですね!

子供を降ろさなくてもチェンジできるのもポイントが高いです

サポート部分は適度な厚さ

ベビービョルン

エルゴに比べて控えめな厚さですがとてもスッキリしています

肩への負担はエルゴと比べると感じますが、すぐ疲れるということはありませんでした!(長時間だと疲れます)

オーガニックベビー服

見た目がスタイリッシュ

ベビービョルン
スッキリしていてスタイリッシュ
ベビービョルン
腰サポートもスッキリ

見た目が好きで選ばれる方も多いのでは?と感じるほどシルエットがキレイです

ごわつき感もなく通気性の良さも感じます

洗濯をしても乾きやすいのがナイス!!

ペンギン

ミルク吐きが多い子の場合洗濯は頻繁になってしまいます。
乾きやすいのは正義!!

独自のロック機構でしっかりロック

ベビービョルン
ベビービョルン

カチッとしっかりロックされるので外れる心配はほぼないです

ただ、このロック機能ですが使いずらいと感じる時もあります

スルッと上手くはめられないこともあって若干イライラしてしまうことも。

使用してみての感想

着用した様子

ベビービョルン
ベビービョルン
メリットデメリット
持ち歩きでもそこまでがさばらない
値段が控えめ
乾くのが早い
子供を乗せても重量感を感じにくい
ロック機構が使いにくいと感じる時がある
長時間の使用だと疲れる
子供が若干苦しそう

全体的に厚みが抑えられているので持ち歩きでもそんなに邪魔にならないです

値段も控えめなのがとても嬉しいところ♪

デメリットとして大きいのが独自ロック機構の仕組み。

性質上ロックするときに子供を持ち上げる必要があり、その際にキツそうに感じる時があります

腰サポートもキツめに調節しないと赤ちゃんの位置が上にこないので、子供が窮屈になりがちになってしまいます。

見た目はダントツで好きなのですが、やや不満を感じてしまう部分も。

3.ベビービョルン|ベビーキャリアMINI

ベビービョルン

3製品の中で一番簡易的な抱っこ紐がベビーキャリアMINI

作りも一番シンプルで価格もリーズナブル!

使用期間は新生児から1歳までなのでとても短期的。

値段で選ぶ方も多いと思いますが、メリットとデメリットをまとめていきます

ベビーキャリアMINIの主な特徴

  • シンプルなのでとても軽い
  • 全体的に薄く乾きは速い
  • 操作が単純で迷わない

シンプルで軽く、乾きも速い

ベビービョルン

パット感もなく全体的にめっちゃ薄いです

使用期間が短いのも納得のシンプルさ。

当然ながら洗濯しても乾くのがとても速いです

オーガニックベビー服

操作が単純で分かりやすい

ベビービョルン
ベビービョルン
ベビービョルン

調整できるところもほとんどないのでカチカチロックしてすぐ使えます!

あまり複雑すぎると使うのも大変ですよねー!

単純に使うだけであれば一番使いやすいです

使用してみての感想

着用した様子

ベビービョルン
ベビービョルン
メリットデメリット
シンプルで使いやすい
乾きが速い
値段が安い
頭のサポートが完璧
使用期間が短い
肩への負担大

最大のメリットは価格が安いところですがその分使用期間も短いです

体重の重い子であれば1歳になる前に使えなくなってしまいます

長く使おうと思っても肩にずっしりくるので限界を感じてしまうのも早いです

それでも新生児期だけを見れば一番おすすめなのはこのベビーキャリアMINI!

他の2製品だと首が座っていない赤ちゃんは首がぐわんぐわん。

頭のサポート力はとてもよかったです!

ペンギン

妻の一押しはベビーキャリアMINIでした!
一番不安なときにしっかりサポートしてくれるのは心強いと感じたそうです!

おすすめの使い分け

私たち夫婦が考えるおすすめの使い分けは

余裕のある家庭におすすめ

最初にベビーキャリアMINI→エルゴベビー|OMNI

一個で済ませたい家庭におすすめ

エルゴベビー|OMNIかベビービョルン|ワンカイ

コスパ重視におすすめ

ベビービョルン|ワンカイ

ベビーキャリアMINIはあれば助かりますが必須ではないです

一つだけで済ませたい場合はオムニかワンカイがおすすめです!

持ち歩き時のことを考えたときに多少荷物になってもOKな方はエルゴ

スマート性重視であればワンカイがおすすめという結果に!

もし今回ご紹介した3種類でお悩みの方がいらっしゃったらぜひ参考にして下さいね♪

ブログ村参加中です☆

応援してくれたら嬉しいです♪

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

抱っこ紐を買うならエルゴとビョルンどっちがおすすめ?3種類の抱っこ紐を本音比較【着用写真あり】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

ペンポケをシェア!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次