Wordpressでブログをはじめる→Check!!

退職の意思は電話でもいい?仕事を辞めるのは悪いこと?

退職の意思は電話でもいい?仕事を辞めるのは悪いこと?
  • URLをコピーしました!

こんにちは、ペンギン(penpockeblog)です!

今年最初の記事で書いたやりたいことをまとめた記事

そのうちの目標、会社を辞めるという決断・・・。

ついに会社に伝えることができました!

今後は個人で生きていく予定なので、転職は今のところ考えていません

会社を辞めるにあたって、当日までわからなかったことと気持ちの部分についてまとめていきたいと思います

この記事はこんな方に向けて書いています

  • 転職に迷っている
  • 会社を辞めたくて悩んでいる
目次

退職を会社に伝える方法

コーヒーと本

当日までこれでいいのかな?と悩んでいたことについてまとめていきます

退職の意思は電話でも大丈夫

職場に上司がいる場合は直接伝えるのが基本だけど、中には働いている場所に上司がいない場合もありますよね!

直接会うタイミングを考えると、言えるタイミングがなかなか見つからずどうしたらいいか迷っていました

結論、職場に上司が常にいない場合は電話で伝えても大丈夫ですよ!

退職理由はどうする?

退職理由は引き止められそうな理由は避けた方がいいです

無難なのは家庭の事情など、やめざる終えないような理由。

もしかしたら引き止めれば残ってくれるんじゃないか?と期待されてしまうようなことは言わないようにしましょう!

ペンギン

全部正直に話す必要はないよね!

退職のタイミングはいつがいい?

忙しい時期を避けるべきというように、私も忙しい時期は避けました

すぐ辞めるべきという意見もありますが、性格上罪悪感を感じてしまうタイプ・・・。

残される人のことも考えて、忙しくない時期に申し出るのがベストだと思います

意思表示前までにやったことと気持ち

会社に伝える前までのことについてまとめていきます!

退職後のことを考えて資格を取っておく

私の場合、資格は保険です!

同じ業界に戻るつもりはないので、退職後のことを考えて短期間で資格取得を目指しました!

ペンギン

最悪転職することになっても、資格を持っていると有利!
本業をしながら勉強するのは本当に大変だった。

他の仕事につきたい場合、やってみたいだけでは現実的に厳しいです

汎用性のある簿記などを取得しておいて保険をかけておくと気持ち的にも楽です

短期間で資格を取得した方法についての記事

副業に専念する

パソコンとコーヒー

ブログ運営も副業のうちの一つ。

好きだからやっているんですが、ブログはやっていてよかったなと思います

Webの知識がなくてもなんとかなります。笑

ブログをやってみたいと思った方はこちらの記事を参考にして下さい!

伝えるまでは悩む日々が続く

毎日これでいいのか?と自分の気持ちと葛藤する日々が続きました

おそらく大体の人が同じ気持ちを経験するはず・・・。

それでも決断の気持ちを強くしてくれたのは、人生なにが起こるかわからないと感じることが多かったからです

今の自分の姿は昔の自分からしたら全く想像できない姿です

やってみないと分からないことがたくさんあることを知って、

『大変だと分かっていても自分のやりたいことがしたい!』

と、自分を信じることで決断は揺らぐことはありませんでした!

今年最初に目標として公言したのもよかったかもしれません

意思を伝えた後の気持ち

ここからは伝えた後の気持ちについてまとめていきます

急激に気持ちが軽くなった

それまでの重い気持ちが一気に解放されたような感覚でした!

ペンギン

想像以上に辛かったんだなーと実感。
自分自身に対して『今までごめんね』と言ってあげたかった。

伝えなきゃいけないプレッシャーも大きかったかもしれないけど!笑

ポジティブになってきた

気持ちが軽くなってからはポジティブに物事を考えられるように気持ちが変わってきました!

人生をより良くするための決断だからこそ、後悔しないように生きていかないといけないですしね♪

多分、環境を変えなきゃ行けないと思っていた自分の気持ちは正しかったんだと思います

まとめ

会社を辞めることは人生にとって大きな決断です

ここまでに色んな気持ちの変化がありましたが、後悔はしていません

この記事が退職について悩んでいる方の参考になれば嬉しいです!

ブログ村参加中です☆

応援してくれたら嬉しいです♪

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

退職の意思は電話でもいい?仕事を辞めるのは悪いこと?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

ペンポケをシェア!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次